FITBOX

スピンバイク(エアロバイクの一種だな)を必死にこいでいると、汗がダラダラ流れる。まあ、20分ぐらいで切り上げるのであれば問題ないのだが、1時間とかこいでいると、床に水たまりができそうなレベルで汗がしたたってしまう。

目に入って痛いし、またスピンバイクに汗がしたたってさびたり、床が濡れたりする。

ということで、長時間の運動をするのであれば汗対策は必須である。

我が家で使っているスピンバイクFITBOXでの汗対策である。

詳しいFITBOXについての解説は以前書いたのでこちらへどーぞ「最強スピンバイク?FITBOX買ってしまったのでご紹介である

さて、ロードバイクといったスポーツ自転車に乗っている人であれば意外に知っているアイテムだが、知られていないアイテムを紹介するのだ。

スウェットカバー

まずは、スピンバイクにはめている赤い汗カバーである。これって決まった名称がないらしく、「スウェットカバー」とか「セーフティーネット」とか「汗落ち防止ネット」とかいろいろメーカーによって名前が違っている。
要は吸水性のある生地をハンドルのところからサドルのところにこんな感じで渡してやればいいだけである。タオルとかを切ってこんな感じで使っても用は足りる。そうしている人もいるけど、でもみばえがねえ・・・。

といったわけで、こんなものを買うのがおすすめ。私の使っているのはもう絶版なので、手に入らないので調べてみたらGORIXのスウェットカバーが在庫が安定しているなかでは一番安そう。

Amazonで見る

楽天で見る

1,700円ぐらいとちょっとだけ高いが、見た目がメッシュ状ですごくかっこいい。

Amazonで見る

Runcircleなるメーカーから売られているこんなのもある。Amazonでは送料込みで約800円ぐらいと非常に安い。※楽天でも同じものを見つけたが、3,000円超えとわけのわからない値付けとなっている。
まあ、Amazonで見れば関連商品がいろいろ表示されるのでその中から値段とデザインで決めてしまって差し支えない。機能はどれを選んでも質的な差はないので・・・。

トレーニングマット

下にひいているマットである。
というわけで私のおすすめはアルインコのトレーニングマットである。

スピンバイクにアルインコのトレーニングマットをひいてみたところ

ちなみに私が持っているアルインコのトレーニングマットの長さは100cmである。※現在デザインは少々変わっている。

Amazonで見る

楽天で見る

もっと長いものを選んだほうがいいように思う。値段は倍ぐらい違うが部屋の広さに余裕があれば150cmの製品もあるので、これがおすすめだ。
Amazonで見る / 楽天で見る

ちなみに、フロアマットは何でもいいわけではない。ということを力説しておきたい。評判の悪いフロアマットは揮発性の樹脂のニオイが鼻につくというレビューがあり、不安である。
私の買ったアルインコのフロアマットも以前は「部屋中が臭くなる」というように評判が悪かったのだが、とあるタイミングからそのたぐいのレビューが全く見られなくなった。私が購入したときも無臭であった。品質の改善がなされたと考えて間違いない。

ちなみにであるが、ヨガマットでも代用にならなくはない。でもヨガマットはおすすめしない。確かに1,000円ぐらいで買えるので安いのだが、絶対に買わないほうがいい。なぜなら、

「一瞬にしてボロボロになってしまうから」

である。
スピンバイクを移動させたり、ずらしたりしたときにその部分が削れてボロボロになってしまうのだ。なのでやはりフィットネス器具を乗せる専用のマットを買うべきである。

おまけで紹介その1 ヘアバンド

これは自転車乗りに限らず様々な競技で使われているもの。

はちまきよりも吸水性があるし、手ぬぐいだと目のすぐ上に調整して巻くのが難しい。
この額からしたたり落ちる汗が目に入るのは、目が痛くなって結構しんどいのである。
つどつどタオルで拭いてもいいのだが面倒なので、ヘアバンドがおすすめなのだ。
室内で長時間自転車に乗るわけであるから、そこは少しでもテンションを上げるようにしたいものである。そこでこんなちょっとかっこいいヘアバンドを使うのはおすすめだ。大して高いものでもないし、である。

Amazonで見る

楽天で見る

おまけで紹介その2 カップホルダー

1時間ぐらい乗るとなると途中で脱水状態になってしまう。
なんといっても水たまりができるほど汗をかくからだ。
そこで途中で水分をとる必要がある。スピンバイクからおりて飲み物を飲みに行くのは面倒だ。そこでカップホルダーが欲しくなる。


FITBOXのハンドルは30mm近く直径があり、太めの径に対応しているドリンクホルダーを買う必要がある。送料込みで800円弱で買えるため、最初に買ってしまうのがおすすめ。

Amazonで見る

楽天で見る

まとめ

4つほどアイテムを紹介してみた。
スピンバイクやエアロバイクを乗るなら、乗るにあたっての快適さがだいぶ変わってくるので最初に是非購入することを強くおすすめしたいのである。