エアロバイクやスピンバイクといった室内用自転車に市販のスピードメータを取り付ける方法である。
何で市販のスピードメーターを取り付けたいのか?というと、トレーニングの履歴をパソコンやスマホで見たくなったりするからである。
「今日は何キロ乗ったわ」
というように達成感を味わったり、あるいは2キロメートルを走り切るのに何秒かかったか?というテストを定期的に行うことで、トレーニングの効果を数値で測ることができたりする。

というわけで、スピードメーターの取り付けである。この方法であればどんな室内自転車であっても取り付けが可能である。

いきなり結論

ペダルを取り付ける棒の部分(クランクの部分)にスピードセンサーを取り付ける。
私の使っているFiTBOXというスピンバイクはタイヤに相当する部分が露出していないので、どうやって取り付ければいいか悩んだのであるが「あ、クランクに取り付ければいいんだわ」という単純な事実に気がついたのである。

センサーそのものには輪ゴムが付属していて、輪ゴムを引っ掛けて留めるだけ。超簡単。作業時間わずか一分。
ちなみに私が使ったセンサーはこれ。

ケイデンススピードメーター

実はこのセンサーの選択はすごく重要。センサー自体の回転を検知してスピードを測れるタイプがよい。
その中では私の購入したNEWOKE CooSpoケイデンススピードセンサーはイチオシ。値段がまず安い。しかもANT+とBluetoothの両方に対応している。

このセンサーはケイデンス(ペダルの回転数)とスピードの両方に対応していて、どちらに使うかをあらかじめ決めておくようになっている。なので、スピードセンサーとして使う設定にする必要がる。

中に入っているボタン電池を外したりつけたりするたび、表面のLEDの色が変わる。LEDが青になっている状態であればスピードセンサーのモードになっている。

で、あとはパソコンやスマホなどとつなぎ放題だw

でもこれってスピードを測れてないんじゃね?

はい、そのとおり。
でもそれでもいいのである。
エアロバイクやスピンバイクの場合は、変速ギアがないので、ペダル1回転させるごとに、タイヤが何mmメートル進むかは決まっている。なのでメーター側にこのペダル1回転が何mmなのか?を設定してやればいいのである。

もともとついているスピードメーターの速度に、サイクルコンピューター側のタイヤ周長をあわせてやればいいのである。
私がいろいろ調整して調べてみたところ、私の使っているFiTBOXの場合タイヤ周長を3200mmに設定すればだいたい良い感じである。
このタイヤ周長に設定してみて、30kmほどスピンバイクのメーターで走ってみたところ、ほとんど誤差がなかった。

ということでした。皆様ご参考までに