自転車用品がかなり邪魔である。
私はまだ自転車廃人というには程遠いレベルなので、ホイールは2セットしか持っていない。
とはいえ、ヘルメットやその他小物などはかなりかさばっておりかなり邪魔である。

何かいい方法はないものか?

ということでいろいろ調べてみたのだ。
自転車を置いてある上のスペースがデッドスペースになっているので、その上を活用することができれば省スペースを実現できそうである。

横向きの突っ張り棒でつるすことも考えたのだが、その手のものはいずれ落下してしまう宿命にあるのでやっぱり縦方向に突っ張るものがよいだろうと思ったわけである。
お値段も非常に手ごろだし、アイリスオーヤマということで有名なメーカーでもあるしよさそうだ。

さて、これだけだとホイールをつるすことができないので、S字フックを別に購入した。

これが形状的にベストである。

組み立てはちょっと難しい

まず部屋を片付ける必要がある。

  • ポールを倒した状態で組み立てるスペースが必要。言い換えれば天井の高さ程度の空きスペースが必須である。
    狭い部屋だと組み立てが大変である。
  • 左右ともに3本のポールを組み合わせるのだが、説明書を見てもどのポールをどのポールに差し込むのか?がわかりにくい。
  • ネットを差し込むプラスチックの留め具があるのだが、ここに力を入れて押し込むとすぐにずれてしまうのでなんぎである。ここがかなりイライラするポイントであった。
  • 1人だと床から立てるのが少々厄介。1人でもやれなくはないが2人いたほうが圧倒的に楽。

2回目に組み立てることがあればコツがある程度分かっているので簡単だと思う。説明書が分かりにくいのでここだけは改善してほしい。

出来上がってしまえばなんてことはない

一度出来上がってしまえば強度も問題ない。確かにいいものではある。

ロードバイクのホイールとヘルメットをラックに吊るした写真

こんな感じで自転車の上のデッドスペースを使うことができるようになった。
お勧めである。