エアロバイクのスピードメーターはいらない!スマホで超多機能メーターを実現する方法

エアロバイクに付属するメーターはいまいちである

エアロバイクやスピンバイクに付属しているメーターは大体機能がイマイチである。
例えば心拍数の計測に関しては精度が低かったり、計測が遅く実際の心拍数の増減に追従しなかったりする。
スピードやケイデンス(ペダルの回転数)といった表示も追従が遅かったり、同時に多くの項目を表示できなかったりする。
一般的なエアロバイクのメーター表示は「スピード」「走行距離」「走行時間」や機種によってはこれにプラスして「心拍数」「ケイデンス」「消費カロリー」が表示される。

項目が全部同時には表示されない機種が多い。

例えばこれは私も使っていたハイガー産業のHG-YX-5006のメーターである。
ボタンを押して切り替えてみる必要がある。
また、このような廉価版のモデルだと計測できる項目も少ない。

高級機になると表示項目は増えたり、同時に表示できるようになったりはする。

とはいえ、スポーツ自転車の高級なメーター(サイクルコンピューターといわれる)でできるようなトレーニング履歴をコンピューターで見たり分析したりといったことは通常はできない。
これができる家庭用のエアロバイクはほとんどない。アルインコからかろうじて2機種だけ販売されているが、連続使用時間が30分しかなく非常に物足りない。

そこでスマホの出番である

スマホをエアロバイクにつなぐと、超高機能なメーターになるのである。
ではどうやってつなぐのか?

エアロバイクとスマホを繋ぐ方法

こうやってつなぐのである。どんなエアロバイクでもつなぐことができる。
具体的な方法については「エアロバイクをスマート化してトレーニング履歴を管理する方法」この記事に詳しく記載したので是非ご覧いただきたい。

あと下記の記事もエアロバイク(スピンバイク)について書いているので参考になるかも知れない。

エアロバイクを購入するべきか?買うならどのエアロバイクを買えばいいのか エアロバイクのメーカーの特徴 エアロバイクを買ったらついでに買うといいかもしれないものについて エアロバイクを使ったトレーニング法 エアロバイクをクラウドにつないでトレーニングする方法(IoT化)

コメント

ブログ村自転車用品ブログ